スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

クロバット 

さて、何を書いていいか分からないので、とりあえずお気に入りのポケモンでも晒してみます。
自分は実績無いしベテランでも玄人でも何でもないので、その辺大目に見てやってください。


クロバット
種族値:85 90 80 70 80 130
特性:せいしんりょく



クロバットに注目したのはGS始めてすぐの頃。
その理由は、130族という特徴的な高い素早さ、怒りの前歯で相手のHPをがっつり削れる点、そして何より、猫騙しで怯まないという点からでした。
しかし、実際に使い始めるのは、GSに少し慣れて(?)からのことになります。
GS始めた頃(1月)の自分は、スカーフカイオーガだろうが龍技だろうが、耐久に極振りして耐えて反撃すればいいだろうとかいう滅茶苦茶な理論のもとにパーティを構成しようとしていたため、結局クロバットが日の目を見ることはありませんでした。

東京Aが終わり、そこからまたGSの勉強を以前より真剣にやるようになって、少しずつ耐久調整やら何やらを理解するようになるにつれ、再びクロバットに注目することとなりました。
当時(2月下旬)はルンパや猿(サルキア)が流行期を迎えたので、やはり精神力で怯まないというのは非常に大きな武器になると思ったからです。
最初は、「怒りの前歯・ブレイブバード・とんぼ返り・挑発」という技構成で、HPを16N-1に、素早さを110族抜きまで、残りをAに振ってスカーフを巻いて怒りの前歯連打、猿などの格闘ポケにはブレバ、という風に戦っていました。
しかし、電磁波持ちに弱いこと、Aに振ったところでルンパや猿ぐらいしか落とせないこと(もっとも、ルンパや猿の隣にはオーガやパルキアがいることが多く、どちらかと言えばそちらに前歯を打つほうが多かったですが)、状態異常やトリルを読んで挑発を打ったとしても、その後の選択肢が極端に狭い(引っ込めるか相手のもう一体に挑発を入れるしかない)ということで、ラムを持たせることにしました。
ただ、そうすると、スカーフオーガや素雷をブッパしてくるパルキアがきつい、ということで、今はこんな感じで使っています。


ようき:191-111-101-*-116-184(H244-A4-B6-D124-S132)
技:いかりのまえば・ブレイブバード・ちょうはつ・とんぼがえり



技構成は以前と変わっていません。
Sは補正有115族抜き、Hは16N-1、耐久は臆病オーガの雨潮吹き最大ダメ193以外耐えにしています。
これなら、150族の雷は確定で耐えられるし、麻痺ってもラムがあるし、オーガの攻撃も1発耐えて前歯を打つことが出来ます。
Sについて、せっかくの素早さを生かさないのはもったいないと思うかもしれません。
しかし、Sを極振りして200まで上げても、結局ノオー2と対峙したときはM2と同速運ゲになるし、マニューラと対峙しても、大抵相手の初手はこちらの相方への猫騙しなので素早さが負けていることがばれない、マニューラがクロバにしてくることと言えば礫ぐらいだから素早さが抜いてても役に立たない、とういうことで、個人的には素早さはこれで問題ないと思っています。
問題は、オーガルンパと対峙して、ルンパがこごかぜなり吹雪なりドロポンなり、初手でクロバにも攻撃をしてきた場合や、オーガが補正有スカーフだった場合、ノオー2と対峙して、M2が吹雪・ノオーが礫を打った場合などは、クロバが全く仕事を出来ずに落ちてしまうため、一気に苦しくなることです。
それを考えると、天候を雨から砂に変えることが出来、ノオーにも優位に立てるバンギラスを相方に据えるのがいいのかもしれません。
でもそうすると、この耐久調整の意味が・・・w
天候を雨以外にするポケモンを相方に据えるとすると、Dの努力値を150族の雷耐えぐらい(D108)まで振って、余った分(16)は他のところに振るのがいいかもしれません。
自分の見解としては、Aに振ってもきっと役に立つ機会はそうそう無いと思うので、少しでも居座ってもらうために恐らくBに振るのではないかと思います。
とにかく、まだまだ考察する必要がありそうです。
依然としてギラティナに対する有効打がないことも問題のひとつ(そもそもクロバでギラティナに向かって行くこと自体無謀ではありますが)ですし、技構成についても、ついばむ(ハバンやラムやオボンなどの消費)・威張る(相手に打つなりいばラムするなり)・追い風・催眠術・どくどくなど、クロバットはHPを削る以外にもサポートや嫌がらせという役割をもてる、非常に器用なポケモンですから、そういう面も生かしてあげたいところです。
どこかの準優勝者がクロバ・グラードンで追い風クロバを使っていましたが、自分が今使っている技や努力値振り以外にも、そういうのを見ていろいろ検討しなければいけませんね。

長々となってしまいましたが、以上でクロバットの考察は終わりです。
この記事を読んで、少しでもクロバットに興味を持ってくれる人が増えたら幸いです。
長文駄文失礼しました。
スポンサーサイト

2010/04/23 Fri. 19:36  edit

Category: 単体考察

Thread: ポケットモンスター - Janre: ゲーム

tb: 0  |  cm: 0

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。